前へ
次へ

体の中からも美白ケアを続けています

夏は暑いだけではなく、いつも以上に紫外線の強さが気になります。
紫外線をたくさん浴び続けるとお肌が老化しやすくなったり、肌トラブルを引き起こす原因になるそうです。
シミやお肌の老化で悩まないために、夏は美白ケアが欠かせません。
美白化粧品でお手入れを続ける他、献立に取り入れる食材を厳選して体の中からもケアしています。
たとえば、ナッツ類やトマト、キウイフルーツを食べる機会が多くなりました。
ナッツ類にはビタミンEが豊富に含まれているから、ビタミンEの抗酸化作用でメラニンの沈着を抑えることができるそうです。
ナッツ類の中でも特にアーモンドにビタミンEがたっぷり含まれていると聞いたので、おつまみにアーモンドを選んで食べることが多いです。
また、トマトにも抗酸化作用が期待できるリコピンが含まれているので、サラダを作ったりトマトソースを使った料理を作って食べています。
さらに、紫外線をたくさん浴びたときは、キウイフルーツを食べてビタミンCもたっぷり補給して、お肌をいたわるように心がけています。

Page Top